三国志6巻 赤壁の巻

2020年01月22日
本 和書 その他 0
三国志06 赤壁の巻

三国志  (新潮文庫)   

吉川英治 2013年 全10巻

(六) 赤壁の巻


映画レッドクリフが三国志の赤壁の戦いだと知ったのは、TVで放映されるようになってからだったかも。
吉川英治の三国志では、対曹操軍に、孔明の活躍はもちろんのこと、呉の周瑜(しゅうゆ)、魯粛(ろしゅく)等々、多才な人物が登場。当時でも、スパイ合戦は欠かせない戦法であったに違いありません。
これまでの本の巻末の渡邉義浩(わたなべ・よしひろ)氏による解説が明快で理論的。物語の背景や史実などがくりひろげられ、とても興味いです。

スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

はんのすず
この記事を書いた人: はんのすず
当ブログの使用テンプレートはIE非対応になっております。パソコンからご覧の場合は、Google ChromeやFirefoxでの閲覧をお勧めします。

市内の体験農園を2020年1月に卒業しました。ときどき本のことやその他の記録です。

コメント0件

コメントはまだありません