アンダーグラウンドマーケット

2019年08月17日
本 和書 その他 0
アンダーグラウンドマーケット
アンダーグラウンドマーケット 
藤井 大洋 (著)
朝日新聞出版
2015年

『電子書籍に加筆修正して書籍化』と本の詳細情報にありました。初出は2013年、5年後の東京が舞台。
藤井さんの描く2018年。移民労働者や正規雇用からあぶれた若者達の利用する地下経済圏。主人公の木谷巧は、正規雇用をあきらめ、web回りの仕事で生活しています。収入は電子仮想通貨。
ビットコインとはっきり書いてはいないけど、それらしい。
地上と地下の経済圏を統合しようとシステムをばら撒くグループとの対決が、ハラハラドキドキ。あるかもしれないと思わせる小説です。




スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

はんのすず
この記事を書いた人: はんのすず
当ブログの使用テンプレートはIE非対応になっております。パソコンからご覧の場合は、Google ChromeやFirefoxでの閲覧をお勧めします。

市内の体験農園で野菜つくり、写真とるほうがメインかも。

コメント0件

コメントはまだありません