14日畑へ

2019年06月14日
日記 0
明日、大雨に風の予報なので畑へ行きました。
途中の公園で花盛りの木をみつけたので。調べたら、ブナ科のマテバシイでした。
いつもこちらのブログで詳細を見させていただいています。ありがとうございます。

果実は花期から1年半後の翌年秋に熟すマテバシイ属のマテバシイ。【自然観察の振返り[4]ブナ科の植物・第9回】 - しろうと自然科学者の自然観察日記:楽天ブログ

☆自然観察ブログ「しろうと自然科学者の自然観察日記」を始めて6年半、連載は連続2,300回を超えました。そこで、「自然観察の振返り」を随時掲載しています。【自然観察の振返り[4]】はブナ科の植物です。第9回は、

マテバシイはドングリの仲間であの茶色の実になるまで、1年半かかるそう。写真には雄花(ポワポワした方)と雌花(ポワポワが無くそれより長い)と、1年たった実が写っています。
それから、変わったアジサイを見つけました。墨田の花火というそうですよ。涼し気でカワイイですね。

マテバシイ
マテバシイ雄花と雌花と昨年の実
アジサイ墨田の花火

畑では、トマト・ナス・キュウリなどを誘引。ズッキーニやナス、ミニトマトを収穫。トウモロコシの2番目の実をヤングコーンとして収穫しました。
ミニトマトアイコ
黄色のズッキーニ
トウモロコシ
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

はんのすず
この記事を書いた人: はんのすず
当ブログの使用テンプレートはIE非対応になっております。パソコンからご覧の場合は、Google ChromeやFirefoxでの閲覧をお勧めします。

市内の体験農園で野菜つくり、写真とるほうがメインかも。

コメント0件

コメントはまだありません