エリザベス王女の家庭教師

2019年06月07日
本 英語本 その他 0
エリザベス王女の家庭教師エリザベス王女の家庭教師
スーザン・イーリア・マクニール
2012年
Princess Elizabeth's Spy (Maggie Hope)
Susan Elia MacNeal
BANTAM BOOKS TRADE PAPERBACKS

チャーチル閣下の秘書(Mr Churchill's Secretary)の続編。
ドイツスのスパイから王女達を守るため、数学の家庭教師としてウィンザー城へ赴任。
王女達といっしょに戦時下でも楽しもうと、工夫をこらして劇の準備をしたり、秘密の通路を教えてもらったり、読んでいて楽しい部分もたくさん。
モチロン、MI5のエージェントととして王女救出に大活躍します。
マギーの両親の秘密が少しずつあきらかになり、行方不明の恋人を心配し、そしてどうやら妹もいるらしい?続きを期待させます。

そしてやっぱり、刑事フォイルとかぶります。BSでの最終回。特殊作戦執行部がフランスへ送り込んだ女性諜報員が、到着するなりナチスに捕らえられ9人も命を落とします。その悲劇の真相があきらかになったとき、さらなる悲劇が。苦しみは深く重く続きます。


スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

はんのすず
この記事を書いた人: はんのすず
当ブログの使用テンプレートはIE非対応になっております。パソコンからご覧の場合は、Google ChromeやFirefoxでの閲覧をお勧めします。

市内の体験農園で野菜つくり、写真とるほうがメインかも。

コメント0件

コメントはまだありません