ラストラン

2018年04月16日
0
0
本 和書 その他
ラストラン
 ラストラン
  角野 栄子 
  2011年 角川書店




前回の主人公と同じ「イコ」さんが登場します。でも74才になって。
残された時間を思い、やり残したことを考えます。そして真っ赤なバイクを買いラストランへ。
ライダースーツもネットで上等なものを揃え、出発前にテストランも繰返し、いざ出発。昔とったキネヅカで安全第一、安心第一、急がずあわてず疲れたら好みの宿で休んで。目的地は岡山県、母の実家のあったところへ。
映画でいうと、ロードムービーでしょうか。 他の人には見えない人も登場します。

何といっても、ツーリングの爽快さが良かった。やり残したことがハッキリした時点で、半分できているんですよねぇ。
児童書というより、これからもっとシニアに読まれる本と思ったりしました。
スポンサーサイト
はんのすず
Posted by はんのすず
当ブログの使用テンプレートはIE非対応になっております。パソコンからご覧の場合は、Google ChromeやFirefoxでの閲覧をお勧めします。

市内の体験農園で野菜つくり、写真とるほうがメインかも。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply