衣にちにち

2018年03月31日
本 和書 その他 0
衣にちにち
 衣にちにち
  群ようこ 2015年





「ある日、今まで好きだった服や色が似合わなくなっていた」 自分でも思い当たります。
「オバチャンからおばあちゃんへの道も長い」 にも同感。
それでも群さんは、自分の衣服について実に丁寧に細かく覚えているのです。着心地の良さ、生地の色や質、服のスタイルなどについて、どんなものであれば快適に生活できるか、自分らしく見せることができるか、寒い時期から暑い時期、自分の家で過ごすとき、外出して人に会う時、外で食事をするとき、そして収納についても。
すべて満足できるものであれば何の問題もないのですが、そうではない日々のことを、たんたんと穏やかに書いています。着ることは生活そのもの、と思えたことでした。

スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

はんのすず
この記事を書いた人: はんのすず
当ブログの使用テンプレートはIE非対応になっております。パソコンからご覧の場合は、Google ChromeやFirefoxでの閲覧をお勧めします。

市内の体験農園で野菜つくり、写真とるほうがメインかも。

コメント0件

コメントはまだありません