すかたん

2018年03月22日
本 和書 その他 0
スカタン
 すかたん
  朝井まかて 2015年



舞台を大阪の青物問屋に移して、跡取りの”すかたん”息子と、バツいちの寺子屋のお師匠さんの恋愛模様。 
大阪弁の会話がリズムがあって、イキのいい商売の様子もおもしろいです。
すかたんは、あんぽんたんのような意味とのこと。商売や流通のことなど考えさせられながら、二人の恋の行方が気になる物語でした。
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

はんのすず
この記事を書いた人: はんのすず
当ブログの使用テンプレートはIE非対応になっております。パソコンからご覧の場合は、Google ChromeやFirefoxでの閲覧をお勧めします。

市内の体験農園で野菜つくり、写真とるほうがメインかも。

コメント0件

コメントはまだありません