花競べ 向嶋なずな屋繁盛記 (講談社文庫)

2018年02月20日
0
0
本 和書 その他
hanakurabe.jpg
 花競べ 向嶋なずな屋繁盛記
  (講談社文庫)

 朝井まかて





眩(くらら、葛飾応為の話)と、残り者(江戸城明け渡しの日のできごと)と、おもしろかったので著者のデビュー作を読みました。
江戸時代、登場人物が、武士、町人、北斎のような画家、花魁、などなどありますが、この作品は”花師(今でいう園芸家”にあたるでしょうか) に着目しているところが、新鮮でした。確かに育種技術や造園技術など盛んであったはずです。
デビュー時の原題は、”実さえ花さえ” 。万葉集の歌「橘は 実さへ花さへ その葉さへ 枝に霜ふれど いや常はの樹」 からの出典とのこと。 植物の生命力を確かなバックボーンとして、さわやかな物語でした。
スポンサーサイト
はんのすず
Posted by はんのすず
当ブログの使用テンプレートはIE非対応になっております。パソコンからご覧の場合は、Google ChromeやFirefoxでの閲覧をお勧めします。

市内の体験農園で野菜つくり、写真とるほうがメインかも。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply