クローズドノート

Closednote.jpg
 クローズド・ノート
  雫井 脩介

 2006年



面白い本でした。前半、万年筆のカタログ小説(こんなジャンルがあればですが)かな~と思っていたら、後半には特に万年筆のことは出てこない。でもネットで、万年筆メーカーなど思わず調べてみたりしました。2006年の出版なので、ちょっと古い感ありです。

ヒロインは、小学校の先生を目指す大学生。 自分の借りたアパートで置き忘れられたノートを見つけます。小学校の教師だった女性の日記が書き込まれていました。 誠実に懸命に子供達と向き合う姿勢がすがすがしく、ノートを読み進むうちに、こんな先生になりたいと思うようになって・・・。

読み終えて、万年筆っていいのかなー、ちょっと欲しくなりました。

はんのすず
Posted byはんのすず

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply