ブリッジオブスパイ

2016年02月03日
テレビ・映画など 0
友人と観てきました。
スピルバーグの映画
米ソ冷戦時、ベルリンの壁がまさに完成する当時。
米ソのスパイ交換に力を尽くした弁護士:ドノバンが主役。
実話をもとにしているとのこと。
演じる トム・ハンクスは、眉間にしわをよせたまま、
映画の進行に伴ってさらに深くなっていくようでした。

米国内のソ連スパイに対する反感は強く、家族さえ敵視されます。
ソ連に捕まった米人パイロットと東ドイツで拘束された大学生
と、ソ連のスパイ一人との交換。それぞれの国の
思惑の違いをさばく難しい交渉。
そして凍りつくような寒さ。困難をさらに増幅します。

画面には大きなアクションも無いのですが、
緊張感と寒さで、かたまりました。



映画1
(C)2015 DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC
and TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION.
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

はんのすず
この記事を書いた人: はんのすず
当ブログの使用テンプレートはIE非対応になっております。パソコンからご覧の場合は、Google ChromeやFirefoxでの閲覧をお勧めします。

市内の体験農園で野菜つくり、写真とるほうがメインかも。

コメント0件

コメントはまだありません