辞書になった男

2015年06月23日
本 和書 その他 0
jisyo1.jpg
 辞書になった男

 ケンボー先生と山田先生
 佐々木健一著
 2014年
 文芸春秋






見坊豪紀先生をちゃんと読めるまでには、
本の1/3くらいかかりました。
難しい名前です。けんぼうひでとし。
著者は敬愛を籠めてケンボー先生と。
生涯に145万例ものことばの用例を集めた、辞書の神。
1日15時間50年かけて。


辞書を編纂する過程での思わぬ事態から、山田先生と決別。
その謎を、辞書中の文、家族、仕事を引き継いだ人々への
インタビューなどから解き明かしていきます。
結果、良い辞書が生まれてしかも良く売れている。
辞書を読む人のことは聞いたことがある。
例えば与謝野晶子とか。でも編纂者こそ。
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

はんのすず
この記事を書いた人: はんのすず
当ブログの使用テンプレートはIE非対応になっております。パソコンからご覧の場合は、Google ChromeやFirefoxでの閲覧をお勧めします。

市内の体験農園で野菜つくり、写真とるほうがメインかも。

コメント0件

コメントはまだありません