ときどき本の暮らし

ポアロのクリスマス と、ささやかなクリスマス

ポアロのクリスマス と、ささやかなクリスマス

ポアロのクリスマス アガサ・クリスティ    村上 啓夫 (翻訳) (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 文庫 2003年 クリスマス間近で、図書館に関連本(題名とか)が展示されていて、その中の一冊。あらすじなどは、コチラのブログが詳しいです。 本を読んで、クリスマス気分は特にありませんでした。以前にテレビで見たような・・・ 結末、若い幸せなカップルが誕生して、なごみました。 先日の日曜日、クリス...

2
消滅の光輪

消滅の光輪

消滅の光輪1~3 眉村 卓/著 ハヤカワ文庫JA、(3分冊) 1981年 先日亡くなられた眉村卓氏の作品。SF小説家としてつとに有名だったと、新聞記事で知ったので。 早速、代表作のこちらを図書館からかりてきました。 マセ司政官の考えていることが、延々と続くのに飽きてしまって。最後のほうはやや飛ばし読み。ごめんなさい。 惑星ラグザーンに赴任した新任司政官マセ。太陽が新星化するために惑星規模での避難を指揮す...

0
12月15日の収穫

12月15日の収穫

15日の日曜日、畑に行きました。 丸大根、ニンジン、下仁田ネギ。他に春菊とブロッコリーの脇芽を少し。 畑の向こうに紅葉した狭山丘陵が見えました。 あの奥に多摩湖があります。...

0
2019年12月12日の満月

2019年12月12日の満月

2019年12月12日の満月。雲がなくきれいに撮れました。 昼はコートいらずの暖かさ。夜は寒くなりました。...

0
大根を抜きに

大根を抜きに

冬晴れの青空。 畑は陽射しがたっぷり。 三浦大根を2本と丸大根(聖護院)を2本を収穫。三浦は1本だけ太っていて、揃った太さになってくれません。それでもこの悪天候の季節を超え、ちゃんと成長しました。有難く、感謝していただきます。...

0