本と畑と

オクラとヘチマの花と、畑の収穫

オクラとヘチマの花と、畑の収穫

台風の過ぎたあと、畑へ行きました。前回から1週間以上です。ナスの写真は先週行った時のもの。今回も、ナスがたくさん、そのうち何個かは大きく太ってました。畑の一画に涼し気なオクラの花をみつけたので、パチリ。実もついていました。畑にある、緑のカーテンはヘチマです。黄色い花にクマンバチが来ていたけど、カメラを向けたら行ってしまった。雄花の写真に、アリが働いて?いるのが写ってました。収穫した野菜を撮りました...

2
ウィッチャー  アンドレイ・サプコフスキ

ウィッチャー  アンドレイ・サプコフスキ

  ウィッチャーI エルフの血脈 ウィッチャーII 屈辱の刻 ウィッチャーIII 炎の洗礼 アンドレイ・サプコフスキ(著) 川野 靖子 (翻訳)    (ハヤカワ文庫FT) 実は、Ⅲ巻から読みました。新刊本コーナーにあり、面白そうでした。読んだら、やっぱり、とても面白かった。すぐⅠ巻を読み、Ⅱ巻もあと少しです。元はゲームだそうです。それについては全く知りませんが、Ⅲ巻から読んでも十分理解できました。ヒーローの魔法剣士(ウ...

0
夏の花

夏の花

こんなに暑くなる前に撮った写真です。梅雨はうっとうしいけど、その雲が無いと、とてもとても暑いです。夏を見おろしているヒマワリ、農園の入口で。ヤマユリは、公園の草刈りの方々が刈らずにに残してくださいました。ヤマユリの近くに、赤い花をつけていて目立ちました。調べたらアヤメ科の「ヒメヒオウギスイセン」。 もとは園芸品種で、球根が野生化している・・との記事がありました。...

0
ひと 小野寺 史宜

ひと 小野寺 史宜

小野寺 史宜   祥伝社 2018年前回の「ひりつく夜の音」が読みやすく、ファンタジーのような印象だったので、楽しみに読みました。ファンタジー要素は少なかったけど、こちらも暖かさを感じる本でした。両親を亡くして、頼りになる親戚もなく大学も辞めてしまった主人公、柏木聖輔(かしわぎ せいすけ)。空腹で歩いていて、商店街の揚物屋のにおいにつられて、そこから少しずつ変わって行って・・・。”毎日の食費は1500円と...

0
ニンジンの播種(10日)

ニンジンの播種(10日)

今日7月16日、日中の暑さは昨日よりもさらに、厳しかったです。クーラーフル稼働でも、室内に暑さが伝わってきました。西日本豪雨被災地でも、熱中症にかかる人が多いと毎時のテレビニュース。どうかどうか、気をつけて作業されますように。たまには薄雲や、やさしい風がありますように。10日、すでに一週間前、ニンジンの種まきでした。 作業は暑くてバテバテ。少し早めに行って、赤くなったトマトを撮りました。ミニトマトのア...

0