本と畑と

ボヴァリー夫人 

ボヴァリー夫人 

 河出世界文学全集11 から  ボヴァリー夫人 フローベール作   伊吹武彦訳 昔、文庫本の巻末についていた仏文学のリストに必ず乗っていた、「女の一生」と、「ボヴァリー夫人」。先日テレビで、瀬戸内寂聴が言ってました。「不倫、不倫て騒ぐけど、不倫がなかったら世界の名作と言われる作品の6~7割は、生まれなかった・・・」 そして、「ボヴァリー夫人」新訳本のコピーは「夫の陰で情事を重ねる美人妻の末路は? 町...

0
アイコンフォントFont Awesome 楽しいです 

アイコンフォントFont Awesome 楽しいです 

webのアイコンフォント、Font Awesome が、楽しいです。おなじみのアイコンを記事内に表示できます。Font Awesomeの公式ページです。Icons | Icons | Font AwesomeAll of the Free and Pro icons available in Font Awesome 5fontawesome.com使い方はこちらのサルワカさんのページが詳しいです。【保存版】Font Awesomeの使い方:Webアイコンフォントを使おうサルワカ導入方法から基本的な使い方、「Font Awesome Animation」でさ...

7
花競べ 向嶋なずな屋繁盛記 (講談社文庫)

花競べ 向嶋なずな屋繁盛記 (講談社文庫)

 花競べ 向嶋なずな屋繁盛記  (講談社文庫) 朝井まかて眩(くらら、葛飾応為の話)と、残り者(江戸城明け渡しの日のできごと)と、おもしろかったので著者のデビュー作を読みました。江戸時代、登場人物が、武士、町人、北斎のような画家、花魁、などなどありますが、この作品は”花師(今でいう園芸家”にあたるでしょうか) に着目しているところが、新鮮でした。確かに育種技術や造園技術など盛んであったはずです。デビュー...

0
世界は変形菌でいっぱいだ

世界は変形菌でいっぱいだ

 世界は変形菌でいっぱいだ 増井真那16才にして、変形菌の大学者。勉強部屋のカラー図版は、中高生とは思えない、研究者の部屋。単細胞の目に見える生物がいるなんて、思ってもいなかった。いままでカビの仲間と思っていたものは、変形菌なのかもしれない・・・もし変形菌の神がいるなら、増井真菜くんにそっと寄り添っているのかもしれない・・・...

0
NO IMAGE

文字が跳ねます。

Good morningこんにちわ!文字がピョンピョン跳ねます。何とか導入できました。すっかりお世話になり、ありがとうございました!Good morning  Font Awesome もちょっとやってみました。アイコンの色を変えられない・・・・  又、修行してきます。...

9