本と畑と

NO IMAGE

恍惚の人:有吉佐和子 

恍惚の人 (新潮文庫)著者 : 有吉佐和子新潮社発売日 : 1972-05-27先日、テレビで放映されたのを見て、途中からだったので。”戻っていく”様子をまのあたりにする毎日なので。お医者さんが「大分、お戻りになりましたね」と言う時代。痴呆から認知症に変わったのは2005年ごろ?この本は1972年!巻末につけられた栞の平野兼との対談がいいです。作者の言葉。「私はぼろぼろになっても生きてやろうと思います。耄碌して、はたに迷惑か...

2
真夏のような陽射し

真夏のような陽射し

ツルなしインゲンと枝豆、開花時に1回だけ水やりをする。早朝か、夕方が良いというので、午前7時前に畑に到着。ここ何日かの真夏日、すでにこげつくような陽射しでした。インゲンの白い小さな花、3ミリくらいでしょうか。写真にとっても、かたちが良くわかりません。大玉トマトの青い実ミニトマトミニトマトの花は、わかりやすいです。...

4
NO IMAGE

電車にカメラを忘れて!

午後3時半ころ、帰宅してすぐカメラが無いことに気づきました。今日のコースを振り返り、どこで忘れたのか思い出そうと。写真撮りながら歩いたときは持っていた。八坂から萩山間は一駅で、カメラを離さなかったと思う。萩山から国分寺までの間、バッグから本を出して読んだ・・・降りるとき、本はバッグにしまった。そのときのカメラの記憶が無い!!それから買物などして、電車で帰宅。買物の途中で置き忘れたか、車内か、どちら...

6
コバンソウ

コバンソウ

東大和公園、車道沿いにあったコバンソウ(イネ科/コバンソウ属)。ネット上に写真も沢山ありましたが、国立環境研究所の侵入生物データベースにも。影響:在来種,畑作物との競合 影響を受ける生物:在来植物,農作物防除方法:抜き取り、刈り取り抜き取らないで写真撮りました。揺れているので連写。5枚のパラパラです。...

2
畑の様子、トウモロコシ間引き

畑の様子、トウモロコシ間引き

トウモロコシ2本のびたところを1本に。細い方を根元から切りました。じゃがいもの北あかりに花が咲き始めました。ズッキーニの花は緑のもの。黄色の子房が、雌花の蕾の下についています。雄花が開花していないので、まだ受粉できない状況。ハウス横のネギボウズ。...

4