ときどき本の暮らし

2020年1月、本と畑と から変更しました。

さよなら妖精

 さよなら妖精 米澤穂信 東京創元社 2004年 この作者の「氷菓」をアニメで見たのがきっかけで、続いて原作を読みました。高校生グループがメインでちょっと面白かったので。では、新作「王とサーカス」をと思ったら、予約19人。それで、その前篇らしい、こちらの本を読みました。予想とは違う展開でした。もっとキャピキャピしているかと。主人公は地方の高校3年生グループとユーゴスラビアから2カ月の予定で来日した少女。...

続きを読む