本と畑と

the Buried Giant

the Buried Giant

  the Buried Giant Kazuo Ishiguro 2015カズオ イシグロ の新刊です。邦題:”忘れられた巨人”図書館予約したら、すでに15人も先約あり。都立図書館の英語本をお願いしたら、間もなく届きました。ファンタジー系の話というので、楽しみに読んでみました。が、もちろん期待したような、未来への希望に満ちた?話ではなく、むしろ、深い”絶望”を感じます。主人公は、老夫婦、息子のいる村を訪ねて旅をします。道中で不思議な老...

2
わたしをみつけて

わたしをみつけて

  中脇 初枝 2013年きみはいい子と同じ町を背景に、子供のころ親に捨てられて施設で育った弥生の物語。小さな病院の准看護師をしています。周囲から見捨てられないように、必要な場面では”いい子”でいるように生きてきました。なるべく面倒を避けて、10年以上勤務しています。その病院へ新しい看護師長がやってきて・・・最後、未来に希望がわきました。文章は読みやすく、弥生の心が変わっていく様子に拍手しながら、読みまし...

0
魚のように

魚のように

 中脇初枝  新潮文庫 2015年中脇初枝の初期の作品。恵まれた子供時代ではなかったけれど、数少ない幸せな瞬間も確実にあったことを胸に、不運を乗り越えようとする少女たちの姿。この作者の本を、もう少し読んでみます。...

2
きみはいい子

きみはいい子

    中脇 初枝作  ポプラ社 (2012年05月) 映画を観た友人が、とても良かったと言っていました。本をぜひ読んでみたくて、図書館から。内容は次の5編。・サンタさんの来ない家・べっぴんさん・うそつき・こんにちは、さようなら・うばすて山同じ街を背景に子供達や悩む親、そのまた親、学校などでの日常を、優しい目で描いています。じんわりと涙が湧きました。...

0
セミの羽化

セミの羽化

セミの幼虫を息子が見つけてきました。 カーテンにとまらせて羽化の観察。神秘の時間です。ボケボケの画像もありますが、並べてみました。(セミの嫌いな方は、とばしてください。) (マウスオンで拡大画像表示します)始めの5枚は、背中が割れて何とかカラダをあらわす様子です。...

6