本と畑と

梅雨の晴れ間

梅雨の晴れ間

残りのジャガイモ掘り。メイクイーンも、北あかりも、今年は豊作。小さな種イモから、こんなにたくさんに増えてくれました。こちらは、これから太る予定。ウサギ耳のスタンプで目立たせました。太陽と暑さで、すぐ大きくなります。...

5
それでも猫は出かけていく

それでも猫は出かけていく

 それでも猫は出かけていく  ハルノ宵子  2014年  幻冬舎宵子さん周辺のネコたちの本。家猫、軒猫、外猫との付合い方。イラストも、折込まれたマンガも、犬の顔してる獣医さんも、詳しく描かれています。ネコばかりではなく、父親の吉本隆明氏の最晩年と愛猫フランシス子。そして母上のことも。父からは「猫界の光源氏」、妹のばななさんから「猫界のマザー・テレサ」と呼ばれた宵子さん。都会のノラ猫は、事故・病気・飢餓...

2
11日の畑

11日の畑

ズッキーニ、緑と黄色。色づいたトマトと今日の収穫。鳥よけに袋かけ。折れたミニトマト、花は半分くらい萎れていたけど頑張っている。ジャガイモも2株ほど掘って約1k。...

2
8日の畑

8日の畑

成長中のキュウリの苗ミニトマトを誘引していたらポキッと。添え木こそしなかったけど、ぎゅっと包帯しておいた。...

2
残穢(ざんえ) 小野不由美

残穢(ざんえ) 小野不由美

 残穢(ざんえ) 小野不由美 2012年7月20日 新潮社前回読んだ 営繕かるかや が好みだったので、それに一二国記も好きなので、小野不由美の本を読んでみました。こちらは、あまり好みではありませんでしたが、不気味な現象を静かな文で書いていて落ち着いて読めました。...

0