ときどき本の暮らし

2020年1月、本と畑と から変更しました。

A Little Princess

A LITTLE PRINCESS(小公女) Frances Hodgson Burnett フランシス・ホジソン バーネット著 PUFFIN CLASSICS 何回読んでも、感動します。セーラと一緒に悲しみ、マジックに心おどらせながら。ロンドンの冬が厳しければ厳しいほど、歩く道のぬかるみがひどいほど、そしてミンチン校長の無慈悲な事と言ったら!冷たい屋根裏部屋に起こる奇跡が、際立ちます。ロンドンの衛生環境はどれくらいだったのでしょうか?仕事を持...

続きを読む

対訳ヘミングウェイ1

対訳ヘミングウェイ1 (現代作家シリーズ 15) 1959年 (株)南雲堂 アーネスト・ヘミングウェイ (著) 尾上 政次 (翻訳), 速川 浩 (翻訳) 古い対訳本を、今休館中の図書館から借りています。 対訳本なら、読めるかもと思って。 でも、訳文を読まずにはいられず、英文のどこがわからなかったのかは、つかみきれずです。 この短編集の内容に、明るい話題のものはありません。「フランシス・マコ-マ-の短い幸福な生涯」に少...

続きを読む

ミドルマーチ-続き

ミドルマーチ2 ジョージ・エリオット著1871-72年 やっぱり、難しくてなかなか進みません。 カソーボン牧師は、どのようにしたらウィルをドロシアから遠ざけることができるか、考えていました。やがて散歩中に、持病の心臓発作でなくなります。ドロシアは哀しみから少しずつ回復、医師のリドゲイトも甘い新婚生活と医師活動に張り切っています。 銀行家のバルストロード氏が、過去の悪友から脅迫されるところまで、きました...

続きを読む

対訳SILAS MARNER(サイラス・マーナー)

SILAS MARNERサイラス・マーナーGeorg Eliot :1861  ジョージ・エリオット 西田 実 (注解)(直読直解アトム英文双書 (38))1990年  学生社 家にあったこちらの本、原作は確か岩波文庫で以前に読んだ記憶あり。対訳本はギュッと要約されていて、読みやすくて楽しめました。主人公のサイラスって、クリスマスキャロルのスクルージそのままじゃないの?などと突込みをいれながら、幼いエピーと出会って後は、夢のようなファ...

続きを読む

三体The Three-Body Problem

三体The Three-Body Problem Cixin Liu 劉 慈欣 (著), Ken Liu (翻訳) Kindle版(English Edition) 2014年 面白く素晴らしいSFとの書評で、読んでみました。英語版に挑戦したら、とてもとても時間がかかりました。少し読むと眠くなってしまって。半分近くなってページが進むようになり、やっと読み終わりました。英語版は無謀だったかも。続く2巻は、日本語かな。文化大革命で父親が目前で殺されたイェ・ウェンジィ...

続きを読む